本文へスキップ

シミ 種類

お肌のシミの種類にあう化粧品

お肌のシミの種類にあう化粧品と美白効果

薄いうちはそんなに気にならなかった顔のシミも、いつからか気がつくと濃くなって目立っている事に気づきます。

焦って、スキンケアを美白などに変えたりする方も少なくありません。使い始めると、何もしないよりは良いかもしれないけれど、あまり効果が見えてこないという事がよくあります。

もしかしたら、その種類にあったケアが出来てないのかもしれません。シミには種類があります。それが出来た原因がそれぞれ違うので、対処の仕方も変わります。一番多いのが、老人性色素斑のようです。薄かったのが段々と濃くなります。紫外線の影響が強いそうです。

そして、ソバカスと言われるもので悩んでいる方もいるかもしれません。遺伝性と色白の方に多いようです。また、聞いたことがある言葉かもしれませんが、肝斑というのもあります。

これは、女性ホルモンの乱れや更年期辺りにでてくることがあります。そして、花弁上色素斑は日焼けした後の腕や背中に花びらのようにパラパラと浮き出てくるようなものです。

また、ニキビ後や怪我やギズ後になる炎症性色素沈着というのがあります。一口にそうはいっても、このように出来た原因も様々です。この中でも美白化粧品が効くのは、老人性色素斑や肝斑、ソバカスも薄くはなるようです。

特に肝斑は、ピーリングして肌のターンオーバーを促した後に化粧品をよく浸透させるのが効果のある使い方です。ただそれだけでは足りないので、トラネキサム酸を内服することで効果を実感出きるようです。

美白化粧品は、様々なメーカーがだしていますが、メラニン生成を抑えるのが目的で、どこの肌の段階でそれを抑えるのかが違うようです。選ぶ時の参考にしてみて試してみてください。

顔・身体のシミが消えた!顔・身体のシミが消えた!